自分で解決!自力で解決できる車のトラブルまとめ

自動車の走行中には予期しないトラブルが起こることもあります。車にあまり詳しくない人は、その場でロードサービスを呼ぶでしょうが、ちょっとした知識があれば解決できることもありますので、自分で解決することも考えてみましょう。よくある事例はバッテリー上がりです。上がってしまったらどうやってもエンジンは掛かりませんから、正常な車の助けを借りることになります。そのためには常にブースターケーブルを車内に積んでおくといいでしょう。ブースターケーブルがあれば、後は親切に止まってくれる車を探すことだけです。ブースターケーブルのつなぎ方を覚えてしまえば簡単です。バッテリーが上がった自分の車のプラス端子に赤いケーブルをつなぎます。次に正常な車のプラス端子に赤いケーブルのもう片方の端をつなぎます。次を黒いケーブルを正常な車のマイナス端子につないで、最後に自分の車のマイナス端子に黒いケーブルをつなげば完了です。これでセルを回せばエンジンがかかります。外す時にはつなぐときと逆にすれば大丈夫です。つなぐ時には火花が散ることもありますが、正しい順番でつないでいれば大丈夫ですので慌ててはいけません。エンジンがかかったら充電するために1時間くらい走り続けましょう。

Comments are closed.