備えあれば憂いなし!車のトラブルはスピーディーに対象しよう

車に乗っていれば、どうしても起きてしまうのがトラブルです。その内容によっては事故につながってしまうこともありますから、できるだけスピーディーに対処しましょう。

まず気をつけたいのが、タイヤのパンクや破裂(バースト)などです。パンクはタイヤの品質向上により、以前より起きにくくはなっています。それでもパンクが起きれば正常に走れなくなります。

パンクを防ぐには、特に高速道路に乗る前にはタイヤの状態を確認しましょう。バーストを防ぐためには、空気圧を計って、しっかり空気を入れておくという備えが大切です。そしてタイヤの異常を感じたら、なるべく早く停車しましょう。

高速道路の場合には待避所などに停車します。その上でJAFなどのロードサービスを呼びましょう。

次にご紹介するのは、ガス欠です。ガソリンがなくなってしまえばもう走ることはできません。特に高速道路では事故にもつながりかねませんので、ガソリンメーターをこまめにチェックして、早めに給油するという備えが大切です。

日常的に起きる問題として、バッテリーあがりがあります。これは室内灯の消し忘れなどによって、バッテリーが切れてしまうことです。エンジンがかからなくなってしまいます。ロードサービスを呼ぶのがよいです。防ぐためには車を降りた後に、室内灯などの消し忘れをチェックしましょう。

Comments are closed.